Webマーケティングって?

Webマーケティング、今はこの言葉をよく耳にする方は多いと思いますが、どういう意味かご存知でしょうか?ご存知ない方もご存知の方も、少々お付き合い下さい。
まず、マーケティングとはご存知のとおり、販売戦略や集客方法の思考検討のことを指します、そして、そのネット版が「Webマーケティング」です。
Web技術、Webサイトを利用したマーケティングというわけです。

ですので、Web広告、バナー(ホームページを見ているときに画面隅に見える広告等のことです)、Webサイトにおいての電子商取引、Webを通じて顧客や消費者との情報交換から相互企画、イベント、市場調査、マーケティング、その他、Webで行う商業活動、宣伝活動は、ほぼ全てがWebマーケティングと呼べるでしょう。

以前はWebマーケティングは、PC利用者がメインターゲットでした。
ですので、顧客や消費者がPCを利用される環境にある場合に効果的だったのですが、スマホの普及により、より幅広い年代にWebマーケティングが効果をもたらすようになりました。
PCを利用されるのは10代~40代あたりの男性がメインで、それ以外は若い女性の一部が利用される程度だったのですが、スマホはあらゆる世代が年齢・性別に関係なく利用されています。
また、スマホ利用時間も増加の傾向にあります。
それにより、いまやWebマーケティングの効果を無視している企業は存在しないといっていいのではないでしょうか。
ここでは、Webマーケティングの種類、Webマーケティングの効果等を中心に、Webマーケティングの基礎知識を説明していこうと思いますので、しばらくお付き合い下さい。



≪外部リンク≫
インバウンド・マーケティングの知識を説明しているWebマーケティング情報サイトです > インバウンド・マーケティング

Copyright © 2014 Webマーケティングってなに? All Rights Reserved.